<写真でみる>21年度 – 地域実践研修Part.1の様子

■東北Aブロック・釜石地方森林組合

(左)血の通った森林組合を目指しての講義 (中)道のつけ方と搬出方法について解説 (右)お互い顔が見える体制でディスカッション

■東北Bブロック・雄勝広域森林組合

(左)研修の狙いをしっかりと確認 (中)丸太を積んで作った機械も通れる橋 (右)グループ毎に課題と解決方法を発表

■近畿ブロック・松阪飯南森林組合

(左)取り組み状況を数組合より発表 (中)丸太を組んだ土留め (右)ワークショップに参加する目も皆真剣

■中国四国Aブロック・三次地方森林組合

(左)モデル組合による作業システムについての現場解説 (中)ザウルスを使った道づくりの施策 (右)今後の取組方法について講師からアドバイス

■中部Bブロック・天竜森林組合

(左)現場に設置してある施業集約化事業の案内板 (中)調査実習 (右)年間必要事業量の計算演習

■関東ブロック・多野東部森林組合

(左)ハーベスタによる伐倒・造材現場を視察 (中)現場職員との意見交換 (右)今後の取組について真剣に議論

■九州Bブロック・南那珂森林組合

(左)モデル組合による提案型施業のメリットの解説 (中)調査・選木の演習 (右)モデル組合のアドバイスを受けながらアクションプランを作成

■中部Aブロック・中能登森林組合

(左)調査は自ら体験することで学ぶ (中)調査で得たデータを入力してプラン書を作成(右)取組のポイントを皆で確認

■中国四国Bブロック・いしづち森林組合

(左)今回の研修目的は”提案力”をつけること。先ずは目的の共有 (中)夕食後も翌日の提案演習に向けて打合せ (右)仮森林所有者への提案演習を実施

■九州Aブロック・上球磨森林組合

(左)提案型施業を進める4つのステップを解説 (中)施業方法について意見交換 (右)取組の課題と解決方法を具体的に整理

■北海道ブロック・上川北部森林組合

(左)各組合の取組状況を共有 (中)現地調査の演習 (右)それぞれの課題とその解決方法を発表

■中国四国Bブロック・香美森林組合

(左)雨天の中での完了現場視察 (中)自らの強みと弱みを検証するのも重要なポイント (右)組合長のアドバイスで士気も高まる