<写真でみる>20年度 – 地域実践研修Part.2の様子

■九州Bブロック・南那珂森林組合

(左)モデル組合の取り組み進捗状況などを解説 (中)取り組む上での課題と解決策を検証するワークショップ (右)グループ毎に課題とその解決策を発表、全員で共有

■中国四国Aブロック・三次地方森林組合

(左)取り組み始めた組合の状況を説明 (中)アクションプランを発表しながら皆で議論(右)終了証書を授与、お疲れさまでした

■東北Aブロック・釜石地方森林組合

(左)県や県森連の方々も積極的に討議に参加 (中)アクションプランをイメージした発(右)最後はお決まりのシュプレヒコールで終了

■近畿ブロック・松阪飯南森林組合

(左)アイスブレイクを通じて場の雰囲気を和ませるかける (中)課題の内容についても一つひとつ検証(右)発表に対しても様々な意見や質問が飛び交う

■東北Bブロック・雄勝広域森林組合

(左)各組合の取り組み状況を順番に説明 (中)「"樹"は熟した、今こそ間伐!」と熱い思いが伝わる(右)アクションプランを描く姿は真剣そのもの

■九州Aブロック・上球磨森林組合

(左)森林総研の方からも、様々なアドバイスをいただく (中)少人数で実施した研修で充実した議論が交わされた(右)全員が発表することで、それぞれの課題や今後の目標が見えてくる

■中国四国Bブロック・いしづち森林組合

(左)取り組む上での課題を徹底的に議論 (中)よろず相談所にも多くの参加者が集まる(右)取り組みを進める上でのポイントを皆で共有

■中部Bブロック・天竜森林組合

(左)モデル組合の取り組み状況について解説 (中)提案型施業の実践に向けたポイントについて解説(右)ポスターセッションのようにお互いの成果を討議しあう

■関東ブロック・多野東部森林組合

(左)重要だと思われるキーワードや要素は直ぐに書き留める (中)成熟社会における林業の位置づけについて講師より解説(右)地域に戻って先ず実施することをイメージしながら発表

■北海道ブロック・上川北部森林組合

(左)オリエンテーションで研修の目的を共有 (中)組合の取り組み状況や課題を発表(右)発表用ポスターの作り方にも工夫が見られる

■中部Aブロック・羽咋森林組合

(左)提案書の作成経過について解説 (中)分かりやすく発表することへの配慮が見られる(右)アクションプランの完成度を高める為の討議

■中国四国Bブロック・香美森林組合

(左)研修開始早々、研修生から次々と質問が飛び交う (中)機械の効率的な活用方法についての講師からの講義(右)県の方々のフォローが的確であり、発表用ツールの完成度も高い