基礎研修の様子

<写真でみる>平成23年度 基礎研修の様子

平成23年度の基礎研修は、全国7ブロック(北海道/苫小牧広域森林組合:東北・関東/那須町森林組合(栃木県):中部/東白川村森林組合(岐阜県):近畿/北はりま森林組合(兵庫県):中国・四国/宇摩森林組合(愛媛県):九州/朝倉森林組合(福岡県)にて、2泊3日のスケジュールで実施しました。

研修は「提案型集約化施業テキスト」に示されていることを基本に、各講師が作成した講義資料、演習シート、ワークシート等を活用して行いました。

写真で見る研修の様子

(左)<オリエンテーション>研修は必ずオリエンテーションから始まる
(中)<話題提供>提案型集約化施業や平成24年度から始まる森林経営計画について説明する
(右)<講義>研修受け先組合や当該都道府の提案型集約化施業についての取組み状況について解説する

(左)<講義>森づくりの考え方について学ぶ
(中)<現場視察>作業中現場や完了現場を視察する
(右)<演習>選木や間伐の考え方について学ぶ

(左)<講義>利用間伐のコスト構造やプラン書の急くせい方法について学ぶ
(中)<講義>提案型集約化施業の進め方等について学ぶ
(右)<ワークショップ>これから一団地を設定していくための課題と解決策を皆で検討する