専門的技能・能力研修(森づくり)

  • 研修の目的
    ①木材生産林を整備していく上での目標林型(目標とする森林の姿)の重要性や原則、さまざまな施業体系等について学ぶ。
    ②針葉樹人工林における“将来木施業”について、選木実習を通して理解を深める。
    ③松くい虫の被害林を視察し、被害木の除去や樹種転換(皆伐再造林・広葉樹誘導)等意見交換を通して適切な施業方法を検討する。
  • 研修講師:独立行政法人 森林総合研究所 森林植生研究領域長 正木隆
  • 開催日程:平成25年11月12日(火)10時~13日(水)12時
  • 開催場所:群馬県前橋市・桐生市近辺を予定 ※詳細は後日お知らせします
  • 募集人数:10名程度(最大20名まで)
  • 参加対象:基礎的研修受講団体に所属するプランナーおよび現場技術者、各都道府県森連の組合指導担当者およびプランナー研修担当者
  • 受講料等:1万円/人、旅費(宿泊費・交通費・日当)は半額助成
    宿泊先は事務局で手配、懇親会費は別途
  • 募集締切:10月31日(木)
    ※研修受入人数の制限上、参加希望者が20名に達した場合、締切日前であっても募集を締め切らせていただくことがあります。あしからずご了承ください。
  • 提出先:全国森林組合連合会 組織部研修課 担当:﨑(さき)<saki●zenmori.org>までメールにて申請書を提出願います。(●を@に置き換えてください。)

  • 森づくり研修のイメージ

専門的技能・能力研修(森づくり)の様子