森林施業プランナー養成研修

  • :森林施業プランナーの認定を受けるために必要なスキルやノウハウを学ぶ
  • :・関係者間の合意形成、施業提案、現場管理、収支見積・精算等のためのスキルを身に
    付ける(目標林型、路網開設、作業システム、コスト管理、営業・コミュニケーション、団地設計など)
    ・実習、ワークショップ、意見交換会を通じプランナー業務のノウハウを得る
    ※研修終了後に森林施業プランナー認定試験の特別二次試験(面接)を実施します。
  • 対象:森林施業プランナー認定試験の一次試験を合格後3か年度以内でかつ、プランナー業務を
    担当した提案型集約化施業完了団地が1か所以上ある者
    ※集約化団地は2名以上の森林所有者(共有林・生産森林組合・会社有林等含む)でかつ5ha以上の面積とします。共有林については1名分の扱いとします。施業地の所有者が公有林、国有林のみの場合は受講不可とします。
    ※本研修に参加したプランナーが所属する団体の経営管理者は、後日経営者を対象とした研修(2~3月実施予定)を受講していただきます。
  • 提出資料:①研修参加申請書
    ②森林施業プランナー認定試験の一次試験合格証の写し
    ③研修参加申請書に記載した施業団地の図面(所有者ごとに色分けされたもの)
    ④研修参加申請書に記載した施業団地の森林所有者2名分の施業提案書(または見積書)および完了報告書(または精算書)の写し
    ※④の施業提案書および完了報告書は、原則として団体印(担当者印)が押印された、所有者に提示した現物の写しとします。買取林産の場合、完了報告書は不要です。
    ※④の施業提案書および完了報告書の所有者は明記する必要はありませんが、③の図面のどの所有者に該当するか分かるようにしてください(所有者A・所有者B)
  • 日程・場:11月19日~22日〔群馬県 多野東部森林組合〕
    (参加者多数の場合は、京都府 日吉町森林組合でも開催する予定です。)
  • :3泊4日
  • :1回あたりプランナー30人程度
  • 参加:5万円/人 ※特別二次試験受験料1.8万円/人は別途必要となります。
  • :交通費・宿泊費の1/2
  • :・研修参加の可否は、森林施業プランナー育成委員会の審査によって決定します。
    ・書面による施業提案書(見積書)および完了報告書(精算書)が無い場合は受講不可とします。
    ・認定森林施業プランナーは受講不可とします。
    ・定員を超えた応募があった場合、参加要件を満たしていても参加をお断りする可能性があります。(その場合は先着優先)
    ・提出資料は原則返却しません。予めご了承ください

  • 森林施業プランナー養成研修のイメージ

森林施業プランナー養成研修の様子