ステップアップ研修(多野東部森林組合)

<写真でみる>平成25年度ステップアップ研修(多野東部森林組合)の様子

1日目


多野東部森林組合 新井組合長
の挨拶から始まる


(株)富士通総研 梶山講師
【講義】今後の林業の動向と提案型集約化施業の意義

2日目

【現地実習】施業提案箇所の作業中現場・完了現場を視察

森と木の技術と文化研究所 内田講師
【現地視察】選木実習

3日目


(株)森林環境リアライズ 石山講師
【講義】林業労働の安全対策


(株)フォレスト・ミッション 坪野講師
【演習】経営管理チェックシート・経営ビジョンおよび経営計画

4日目

【ワークショップ】各事業体毎に分かれて組織のアクションプランや個人の目標を出し合う

研修生それぞれが組織に帰ってからの取り組み事を発表して研修は終了


  • ■研修生からの主な意見、感想
  • ・他の組合・事業体と参加したことで、苦労・工夫が共有できた。目指す山づくりの基本は一緒であり、地域に合った山づくりをしたい。楽しんで仕事に取り組もうと思う。
  • ・経営計画の作成と、木材販路の拡大を目標に組合長をやっており、更なる拡大を目指したい。役職員の意識がいま一つである。研修の報告と合わせて、意識向上を目指し、実現していきたい。
  • ・最後の「一言宣言」やプレゼンが良い。まだ大勢の人前で慣れていない職員に勇気と覇気を与えてくれた。内部だとどうしても「押しつけられ感」となってしまうため、先生方からの言葉が若手職員の糧になったと思う。
  • ・経営者と今後の方針、企画等を話し合えて良かった。コミュニケーションを図りたい。今後、実行し更なる向上を図りたい。